日常

2011年11月 6日 (日)

夏休み③

8月8日~12日:夏休み

③相模湖
スケジュールが合わなかったかみさん友人家族と、八ヶ岳の帰りに相模湖で落ち合って一緒に遊ぶことに。

中央高速から見える「相模湖ピクニックランド」、「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」と名前が変わっていました。

ここにあるアスレチックのコマーシャルを見て、息子もかみさん友人息子(同い年、誕生日2日違い)も行きたがっていたので地の利も良いということでここで遊ぶことに。

しかしこれが大変でした。今年の夏の猛暑。容赦なく照りつける日差しに、外で体を使うアスレチックに脱落者続出。息子も早々にリタイア。友達も間もなく帰ってきました。期待が大きかった分十分に楽しめず二人ともなんとなくへこんでしまっている感じだ。

猛暑の中の遊園地は気を付けましょう。楽しみのはずが苦しみに(笑)。

昼食を取り(ここのレストランが酷かった!)気を取り直して乗り物に乗ろうとなりました。

Norimono_2 

一番のイベントは一人乗りゴーカート。息子は既定の伸長ギリギリだったせいか、一人で乗るのにだいぶビビッている。お父さんと一緒に乗るか、一人で乗るか悩んでいる。

どうにか踏ん切りがついたころ、雲行きが怪しくなってきた。雷の音が時折ゴロゴロと聞こえてくる。ここは落雷対策で雨、雷が近づいてくると全てのアトラクションを休止、場合によっては閉園し客を退園させる。

二人がカートの準備に入ったところで、アトラクション休止の管内アナウンス。二人が最後の搭乗となった。息子が最初に乗り、友達が二番目、その後は休止なので誰も乗りません。

Cart

二人を見送った後、先に乗っていた人たちが等間隔で続々と戻ってくる。雨はどうにか持ちそうだ。息子の前に乗った子が帰ってきた。次は息子が帰ってくる番なのでカメラを用意してコースの先の方に歩いて行ってみる。

帰ってこない。

カートのコースはスタート地点から直ぐに山の中に入ってしまうのでコースが全く見えない。ゴールから200mぐらいのところで山の中からコースが出てきてやっと見える。こちらから見えるギリギリのところまで行ってみるが戻ってくる様子がない。

どのくらい経ったか分からないが、これはおかしい何らかのアクシデントだと思い、スタート地点に戻って係員に聞くと既に係員が現地に向かっているとのこと。

大分心配したが程なく、息子のカートが見えてきた。友達も後に続いている。コース脇から声をかけるが息子はハンドルを握りしめたままこちらを向かない。ゴール地点に戻ってみると息子は意外と普通な感じだ。

事の顛末はこうだった。

息子はカーブでコース脇にぶつかってしまいカートが動かなくなってしまった。コース脇にある電話で係員を自分で呼んだ(これは走行前に係員から非常時対応のインストラクションがある)。この時電話の箱が開かずに時間がかかってしまいパニックになってしまった。係員は徒歩で現地に向かうので時間がかかった。カートのエンジンを再起動し通常走行へ。その間友達はコースがふさがっているので後ろで待っていた。かなりテンパっていたようで、戻ってきた時コース脇で声をかけられたことに全く気付いていなくてゴールについてやっと平常心を取り戻したようだ。

危険のない程度のアクシデントは良い経験だ。その時自分しかいないというのもこれまた良かったんだと思う。大変だったかもしれないけれど、親に頼らず自分でことを解決できたことは良かったのだ。

何でも自分でできるようになってくれと思う父親と、もう二度とカートには乗りたくないと嘆く息子でした。

| | コメント (2)

2011年11月 5日 (土)

夏休み②

8月8日~12日:夏休み

②八ヶ岳
今年の夏休みの八ヶ岳はかみさんの友達家族とスケジュールが合わず、我が家とかみさん両親とで出かけた。特にイベントを企画していたわけではないけれど、魚釣りだけはやろうと決めていた。息子は学校で魚釣りをやったことがないという少数派になってしまい、一度やってみたいと言っていた。

まぁ最初なので、まずはニジマス釣りの釣り堀へ。

この釣り堀エサは練り餌禁止で「ぶどう虫」という生餌のみ。この「ぶどう虫」、見た目かなり気持ち悪い。ただでさえ虫嫌いな息子はエサ付けを断念。とりあえず竿を垂らした後からの参戦。うきが沈んだら竿を上げるという基本的な動きも良くわからないので、「今だ、引け!」とか「早い!」とかついつい声が出てしまう。

魚の食いつきもあまり良くなかったけれど、どうにか1匹釣り上げた!竿にかかる重さとか竿に伝わる魚がブルブル震えるあの感じとか体感したんじゃないのかな。結局、エサに続き、釣り上げた魚にも触れずに釣り終了。

20110818_2002383_2

釣り上げた魚はその場で塩焼きにしてくれます。

20110815_1997970

「いただきます。」という言葉は自然にある「命をいただきます。」という意味なんだということを、以前に言葉だけで説明した時よりも合点がいっていたようだ

ニジマスの塩焼きは初めて食べるのだけど、おいしい、おいしいとモリモリ食べていた。

| | コメント (0)

2011年11月 4日 (金)

夏休み①

8月8日~12日:夏休み

今頃、夏休みの話。8月8日から一週間休みを取る。

①としまえんのプール
今年初めてアトラクションのあるようなプールに息子を連れて行った。数年前から一度連れて行ってやりたいと思っていたのだが、なかなかスケジュールが合わなかったりして連れて行っていなかった。

流れるプールや波のプール。自分が子供のころ初めて連れて行ってもらった時のあの日の興奮を思い出す。時代も変わり、今息子が喜ぶかどうかは分からないけれど、こっちの一方的な思いでどうしても連れて行きたいと思っていた。嫌がるかみさんを拝み倒して、家族3人でとしまえんに出かけた。

子供用プールや流れるプール、波のプールひとりでどんどん遊んでいる。楽しそうだ。

昔と大きく違うのは大規模なウォータースライダーで、息子はこれが楽しかったらしく、帰ってきてからも「また、行こうね!」と喜んでいた。

そうだね、また行こう!

| | コメント (0)

2011年9月24日 (土)

床屋じいさんの隠蔽工作

夏休み前のこと

床屋に行った。会社から程近いところにある、昔からここで営んでいるんだろうなぁと思われる地元の床屋さん。

おそらく親子と思われるじいさんとおっさんが二人で切っている。ここ数回会社帰りにこの床屋さんで切っている。いつもは息子と思しきおっさんのほうに切ってもらっていたのだが、この日はじいさんしかいなかった。

別にどちらでも良いのでじいさんに切ってもらうことに。ひと通り切り終え、剃刀で襟足などを剃る。左耳に差し掛かったところ、ちょうど耳の頂点のところで痛みが。

じいさん、手元が狂って耳をちょっと切ってしまったようだ。

ここからじいさんの様子がおかしい。

まずは普段の工程にはないタオル登場。右のもみ上げあたりから始めて、剃り終えたところをタオルを押し付けながら、右耳、右耳後ろ、襟足、左耳後ろとどんどん進んでいく。そして切ったところにたどり着く。そこではタオルを押し付けるのを入念に行っている。タオルで傷口を押すようにして血をふき取っているようだ。それが終わると左のもみ上げにも同じようにタオル押し付け。

このじいさん、自分が切ってしまった耳を僕が気づいていないと思っているようだ。どうやらこのまま隠蔽しようとしているらしい。

次にでできたのがどうやら傷口に塗る軟膏の薬。これをあたかも髭剃り後に塗るクリームのようにしてまた右のもみ上げあたりから塗り始めた。右耳、右耳後ろ、襟足、左耳後ろとどんどん進んでいく。そして切ったところにたどり着く。そこまでは薬をほんのちょこっとつける程度なの傷口には入念に塗りつけている。

タオルで拭いて、傷薬を塗っておけば血も出ていなくてばれないだろうと思ったのだろうか。

結局最後までじいさん耳を切ったことは何も言わずでした。

「あっ、ごめんなさいちょっと切れちゃいました。薬塗っておきます。」って一言言えばいいのに。

いい年をした年配の方の見苦しい姿を見て悲しいやらおかしいやら。なんだか「とほほ」な気分になりました。

| | コメント (2)

2011年5月14日 (土)

こどもの日

5月5日、日本橋三越にかみさん、息子、母親と4人で行った。

普段は休みの日のデパートなんてめったに行かない我が家。デパート好きな母親が、こどもの日に孫と一緒に、孫のスイミング進級祝いを買いに日本橋三越に行く。こんなに嬉しいことが重なればおばあちゃんが喜ぶからたまには親孝行しなはれ、というかみさんの言葉に押され行って来ました。

なぜ日本橋三越だったかというと、たまたまこの日「仮面ライダー展」をやっていたから。息子が2007年に「仮面ライダー電王」という作品を好きになってから、我が家は仮面ライダーファンになっております。

今年は仮面ライダーが始まって40周年。記念の映画やイベントが行われており、これももまたそのひとつ。初期の漫画の原画や最近の漫画家達が色紙に仮面ライダーリスペクトの絵を書いたもの、「昭和ライダー」、「平成ライダー」の全てスーツなどが展示されていました。

最初はあまり期待していなかったのに展示品が以外にも興味深いものが多かったので我が家は皆ハイテンションぎみ。

1 2 3

母親も孫にお祝いを買えて喜んでおりました。かみさんに感謝。

というこどもの日でした。

| | コメント (2)

2011年5月11日 (水)

あこがれの青帽子

GW中の話。

息子は幼稚園年長さんの頃からスイミングに通っている。もう6年近くなる。最初の頃は泣いて嫌がったり、先生とうまが会わなかったり、いろいろとあったけど、何とか続いている。

何とか続いてはいるが、それほど一生懸命でもなく、飛躍的に上達しているわけでもない。一緒の頃に入った同級生や、後から入ってきた他の友達がどんどん進級して上のクラスに上がっていく。本人としては、かなりもどかしく思っているのではないかとか、あんまり泳ぐのが好きではないのではとか、かみさんと二人で気をもんだこともあった。

50mクラス。

これが息子にとってはハードルが高かった。たぶん2年近く、これを越えられずにいたんじゃないかな(お友達達は低学年ですでにパスしていたんですが...)。

それがやっと試験に合格!進級審査会が4月30日に行われたので見に行きました。

久しぶりに息子が泳ぐ姿を見学。50mクラス以上になると青帽子で、それまでは黄色帽子。息子だけその黄色帽子が色褪せてしまっている(何年かぶってたんだ?)。

ひとりひとり名前を呼ばれ、自分が泳ぐコースのところで椅子に座って自分が泳ぐのを待つ。これがかなり緊張したようだ。それほど速くは無いけれど無事完泳、見事合格でした!ばんざーい!!

事前審査で合格はほぼ決まっていたものの、本審査でタイムを計って泳いで、合格を認定してもらえるのは、本人にとってもかなり嬉しいことだったようです。次回から青帽子です。

よかったな!おめでとう!! お父さんもすごくうれしいぞ!

| | コメント (2)

2011年4月 6日 (水)

新学期

今日から新学期。今日から息子は5年生だ。


いろんなことがあるけれど、健やかに楽しい1年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

誕生日

今日は息子の誕生日。10歳だ!

10年前のあの日を思い出したり、そのことを君に話したり、10年間のいろんな出来事をみんなで思い出したり、お母さんの手作りケーキを食べたり、毎年恒例の写真を撮ったりして、3人で大笑いして楽しく過ごした。

これからまだまだ楽しいことが君を待っている。このまま健やかにのびのびと成長していき、何か一つ君らしいものを見つけて、君だけの道を歩いていってくれたら嬉しいな。


息子くんよ、10歳の誕生日おめでとう!

| | コメント (2)

2010年11月21日 (日)

三回忌

20日の土曜日、兄貴の三回忌の法要でした。


あれからもう2年。この2年間でいろんなことがあり、いろんな出会いがあり、いろんなことを考えたなぁ。


フランスに行ったこと、「Misy」という曲を書いたこと、そして三回忌。


一つの区切りであり節目という感じがしています。


Photo

お墓のあるお寺は谷中七福神の布袋様がまつられています。

兄貴のブログもアップしました。

| | コメント (2)

2010年10月 3日 (日)

まさかのEXILE

まさかのEXILE

我が家のステレオでEXILEのCDがかけられるとは夢にも思わなかった。

息子の小学校の運動会の演目で毎年ダンスが行われる。昨年は「花笠音頭」、笠を巧みに回し嬉々として踊っていた。今年はEXILEの「Choo Choo Train」だそうだ。

TSUTAYAでCDを借りてきて、家でダンスの練習をしている。何度も何度も嬉しそうに、楽しそうに一生懸命練習していた。

そんな息子の笑顔をかみさんと二人で見ている。なんとも言えない幸せな時間だ。

今日の運動会は晴れていい天気。

一生懸命がんばったダンスも大成功に終わり、徒競争もよい成績、自分の組も勝って、息子は大満足!

よかったな!!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧