その他

2011年12月 3日 (土)

三回目の命日

今日は兄貴の三回目の命日。

こちらのブログに少し書きました。

あの日の夜も寒かったなぁ。

| | コメント (0)

2011年11月 3日 (木)

原田芳雄さん

7月19日の話。

原田芳雄さんが亡くなられた。

優作さんのもすっげーかっこよかった、エディさんのも渋い。

でも「横浜ホンキートンク・ブルース」は原田芳雄さんのが一番「味」があったな。

http://www.youtube.com/watch?v=sVxGDZrXzbw&feature=related

ご冥福をお祈りいたします

| | コメント (2)

2011年9月26日 (月)

セーラ

6月29日のこと

この日セーラ・ローウェルさんが亡くなられた。昔けっこう好きだった。シングルを一枚持っている。

Sn3m0193

ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0)

2011年3月24日 (木)

Anxiety

当日の大きな揺れ、周りの緊迫感、繰り返される余震、被災地の映像、原発報道、計画停電...。あまりにも急激な変化をとげてしまったこの非日常に、息子は大きな不安を心に抱えてしまった。

そんな最中震災3日後。息子は今年2回目のインフルエンザに罹ってしまった。前回はA型、今回はB型である。

一時大分良くなったけれど、金曜日頃から食事の量が極端に減り、便秘がち、時々腹痛も訴える。口数が減り不機嫌な時間が長くなる。学校に行けないことも非日常からくる不安の大きな要因。断片的に入ってくる学校からの情報も嬉しい反面、自分が取り残されてしまったような感覚に陥っていたようだ。

かみさんはもっと大変だ。

ただでさえ地震と原発問題で大変な状況下で、こんな状態の息子をケアしなければならない。普段の状態とは違う息子を思わず怒ってしまったり、一生懸命気を紛らわそうといろんなことをしているのにそれがうまくいかなかったりと。

特にかみさん自身も普通の状態ではないのだからなおさら大変だ。地震に対する大きな恐怖心が植え付けられてしまい、その不安と恐怖を大声でぶちまけることも出来ず苦しんでいたようだ。(これは私にも大きな責があるのだが)被災者の方々はもっと大変な思いをしているのに自分が弱音を吐いてはいけないと自分を押し殺していた。

かみさんはある方のツイッターの中から、不安や恐怖心はひとそれぞれでどんな立場でもそれを素直に表現しても何も問題ない、という趣旨の書き込みを見つけ、心が楽になったそうだ。

彼女自身のブログの中にその記述を見つけたとき、なぜその状態を察してやれなかったのかと、なぜその言葉を僕がかみさんに言ってあげられなかったのかと。

僕は悔いた。

息子の不安を取り除いてやることも出来ず、かみさんが押し殺し抱えていた感情を察してあげることも出来ず...。

僕には息子とかみさんの身体を抱きしめて「大丈夫だよ、心配ないよ。」と言葉をかけることしか出来ていない。

もう少しうまく二人の心を抱きしめてあげることができないのだろうか。もっと二人を安心させてあげることは僕にはできないのだろうか。

自分の上っ面な感傷にひきづられた妙な使命感で感情的になって被災地を眺めることより、息子とかみさんのケアをすることが僕にとっては必要だ。

これが今回の震災で僕がやらなければならないこと。僕が今できることは、まず一番大切な人をもっと大切にすることである。

さぁ、みんな、一緒に歩いていこう!

|

2011年3月12日 (土)

地震

私がいる23階のオフィスは立っていられないくらい揺れた。

家族、親族全員無事です。

被災された方々にはお見舞い申しあげるとともに、亡くなられてしまった方々には心よりご冥福をお祈りいたします。

じろ

| | コメント (0)

2010年6月 1日 (火)

早い!

凄く早くて驚いた話。


我が家のプリンター、ある時からエラーメッセージが出たまま動かなくなった。あれこれしているうちに電源も入らなくなってしまった。

買ってから間もないこのプリンター、修理するか、買い換えるか悩んだすえ、修理することに。メーカーのHPから修理依頼をしてみる。機種名、故障内容、使用年数等入力する(買って2年位かと思っていたら、もう4年も経っていた)。


手順はこんな感じ
1.HPで修理申込み(引き取り日の指定含む)
2.配送業者が自宅に引き取り
3.メーカーへ発送
4.メーカーにて修理
5.メーカーから発送
6.配送業者が自宅に配達

で、驚いたのが1から6までが5日間。2から6まではなんと2日間!

月曜日の午前中に修理機器を引き取りに来て、水曜日の午後には修理完了品が自宅に届けられました。

部品代、修理代、発送代全て含めて¥12,250也。


修理の手配は楽だし、仕上がりは早いし、言うこと無しのサービスレベル。代金もリーズナブルだと思う。

Photo

世の中いろんな事が進歩しているようです。

| | コメント (2)

2010年5月24日 (月)

国際のエース

ラッシャー木村さんが亡くなった。かなり驚いたし悲しい。

僕にとっては

「えーげーん」のマイクパフォーマンスよりも国際プロレスのエースという印象の方が圧倒的に強い。

心よりご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (2)

2009年6月 8日 (月)

おめでとう

日曜の夜、自宅の電話が鳴る。懐かしい友人からだ。

何年会ってないだろうか、もう10年以上は会っていない気がする。

小、中、高と同じ学校だった。だけれども、いつも一緒に行動していた時期があるとか、同じクラブだったとか、プロレス好きということ意外は何か特別に親密であった訳では無いのに、長く付き合いが続いている友人だ。

君の突然の知らせ、僕は本当に嬉しかったよ。君が幸せになるこの嬉しいこと、何を差し置いても僕は駆けつける。

おめでとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

忙しい

葬儀が終わってすぐに風邪をひいた。やるべきこと溜まりに溜まって焦るばかり。やっと今週動き出したが全然めどが立たず。あぁ、忙しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

ご連絡

本日18:40、兄貴が亡くなりました。

ライブを目撃していただいた皆様、どうもありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧