心と体

2011年3月30日 (水)

息子

息子はだいぶ元気になりました。というかほぼいつもどおり。一山乗り越えたようです。

意味も無くケツを出したり、うんことか、ちんことかむやみやたらに口走っては、呼吸困難になりそうなぐらいゲラゲラ笑い転げたり。小学生男子の典型的かつ古典的なおふざけで母親の怒りをかうぐらい元気になったのでどうやら安心のようです。

でもきっと心のどこかに何か「痕」が着いていることだろう。今回のそれはかなりイレギュラーなものだったとしても、そいつは君が成長していく上で避けては通れないものだと思う。もしかしたらある意味必要ですらあるかもしれない。またその「痕」が多ければ多いほど、君がこれから生きていくうえでの重要な「疑問符」の種になっていくんだと思う。

僕らはその「痕」になっていくものが、君の決定的な「傷」にならないよう見守っていかなければならないと思っている。

ご心配をお掛けしました。心配してくれたみなさん、どうもありがとう。

| | コメント (2)

2011年1月26日 (水)

誕生日翌日...

誕生日翌日...。

息子さん、インフルエンザに罹る。


10歳と1日目の出来事です(涙)。


早く良くなるように。

| | コメント (2)

2010年2月26日 (金)

オノ・ヨーコ著 「今あなたに知ってもらいたいこと」

こういう本にめぐり合った。

Photo

オノ・ヨーコさんは何と高い次元で生きているんだろう。

人は生きている限り、学び、進歩していかなければならない。その進むべき方向性と、進むための勇気と心。それらのよりどころをどうやって保って生きていくかということが、分かりやすい無垢な言葉で書かれています。

自分への反省と戒めはつきないものだなぁ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「Imagine, There's no heaven It's easy if you try

                           No hell below us above us only sky」

      John Lennon 『Imagine』 より

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

| | コメント (2)

2009年12月 3日 (木)

命日

今日は兄貴の命日。

早いもので1年だ。1年たった今でもいろんな事が思い出される。毎日毎日思い出している。でも深い悲しみにとらわれてうずくまるようなことはもう無い。いろんな事は楽しい思い出だ。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「生きていくことは終わりのないことだと思った 

                 言い訳をさがす暇もなく静かにまた命日は来る」

                       立川亮 『命日』 より

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

| | コメント (2)

2009年11月23日 (月)

治りました

息子さんの新型インフルエンザ治りました。

熱がなかなか下がらず、本人は結構しんどそうでしたが、重症化しなくてよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

New Type

我が家にやって来た<New Type>!

New Typeなのはインフルエンザ。息子が新型インフルエンザになってしまった。

今のところ重症化はしておらず、タミフルを飲みつつ様子見です。

早く治りますよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

五十肩

1弦が遠い

左肩が痛い。腕が上がらない。万歳が出来ない。

めでたく五十肩になったようです(涙)。

チューニングをする時、ペグに手を伸ばそうとすると痛い。プレベの1弦なんて遥か彼方のように遠い。


Sn360055


 








痛みを乗り越え、ライブに向けて練習だ!




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「さあみんなでロカビリを踊ろう」

                              ジャックス『堕天使ロック』より

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

虫刺されかと思ったら

おなかに赤い斑点がぽちっとできていて少しかゆかった。虫刺されかと思って放っておいたら変に痛い。

帯状疱疹だった。

なんかRockじゃねーなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)