« 出稽古と「ひやりん児」 | トップページ | Somedayのちタンゴ »

2011年9月22日 (木)

祝!初勝利、そして大いなる敗北

6月12日の話

昨日の夜がんばって練習をした。今日は試合だ!

今日の試合は同じ流派の試合。関東近郊のあちらこちらの道場から選手が集まる。

前回のように試合前から泣くようなことはないがだいぶ緊張している。背格好も息子とほぼ同じくらいの対戦相手、ひとつ上の級だ。ちょっとビビッてるので僕が檄を飛ばす。だんだん気合が入ってくるのが分かる。

試合開始。前半はやや押されぎみ。でもだいぶパンチが出ている。息子も所々押しているが決めにかける。どちらも決め手の無いまま判定へ。0-0の引き分けで1分間の延長戦。息子は体力が無いので心配をしていたが延長戦の後半に相手が疲れてきたところで息子が猛ラッシュ。試合終了後の立ち姿まで判定の対象になるので最後の力を振り絞って
背筋を伸ばし十字を切っている。

2-1の判定。やったー!息子が勝った!!

息子は今まで痛かったり、怖かったり、悔しかったりで泣いたことしかなかったのに今日は嬉し泣きだ!

お父さんもうれしいぞ!!力いっぱい息子を抱きしめながら二人で喜んだ。後からお母さんもやってきて3人で抱き合って喜んだ。嬉しかった。本当に嬉しかった。

嬉しいことはまだ続く。二回戦目。相手は2級上の選手。

圧倒的に強い。スピードが全く違う。それでも息子はパンチを繰り出す、蹴りを出す。ほとんど相手には効いていない。ずっと押されっぱなしだが立ち向かっていく。泣かずにがんばっている。前回の流血の試合とは全然違う。一生懸命に、絶対勝てない相手に立ち向かう息子の姿に僕は感動していた。結果は3-0で相手の勝利。

体も小さく、気も強くなく、おとなしくて、やさしくて、運動の苦手な息子が空手をやっているだけでも大変なこと。それでも一度始めたのだからと思い続けさせている。試合にも出たけれど、周りの子たちとのレベル差を見るととても勝てるチャンスは無いかなと思っていた。それが今日は初勝利。それにもまして二回戦目の試合振りは素晴らしかった。初勝利したことよりも、負けてしまった二試合目のほうが僕らにとっては重要な意味をもっていた。「空手やってて本当に良かったね。」かみさんがそう言った。本当にそうだと思った。

試合終了後、相手の選手とご両親が息子のところに来てくれた。「いい試合だったよ。よくがんばってたね。」相手選手のお父さんが息子に声をかけてくれた。

息子よ、よくがんばった!
初勝利、おめでとう!
そして、ありがとう。

※2回戦目にあたった選手は優勝しました。(また優勝選手とあたったのでした(汗))

|

« 出稽古と「ひやりん児」 | トップページ | Somedayのちタンゴ »

息子」カテゴリの記事

コメント

それにしても、怒涛のブログアップだね(笑)。
ツイッターでも聞いていたが、息子君、初勝利おめでとう。いや~嬉しいだろうね~。努力した甲斐が報われるほど嬉しいことはない。そして、父ちゃんが云う通り、二試合目の当たって砕けろ、絶対負けるもんかという不屈の闘志こそ拍手したい。過程が大事なんだと空ぶるのでもなく、勝つと信じて前に向く姿勢が何よりも尊いんだ。
闘った相手が優勝なんだ。日大三高に当たった帝京みたいなもんだ。
お芝居を断念して、息子の秘密特訓に付き合う父ちゃんの真剣にうたれたよ。
唐さんのお芝居、機会あれば誘ってください。
それにしても、記憶力がよいねえ。
これからも濃く、長く期待してますぞ。

投稿: 海光 | 2011年9月26日 (月) 13時48分

怒涛のコメありがとう(笑)。いつまでつづくか。もうすでに息切れ中。

息子の空手もこの日をピークに息切れ中(^_^;)。

なかなかキープし続けるのは難しいですな。

投稿: じろ | 2011年9月29日 (木) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出稽古と「ひやりん児」 | トップページ | Somedayのちタンゴ »