« SPEECHLESS | トップページ | 地震 »

2011年2月 7日 (月)

Gary Moore

Gary Mooreが亡くなられた。

一生懸命聞いてきたわけではないけれど、ギタリストとしての位置やら存在感は認識していたつもり。それを考えると、この訃報が伝えるRock全体へ与える影響がどれだけ大きいかは容易に想像がつく。

彼を信奉するギター・フリークが世界中に一体どれだけいることか。彼らの深い悲しみは、僕らには計り知れないものがあるはずだ。

Rest in peace

|

« SPEECHLESS | トップページ | 地震 »

ギター」カテゴリの記事

コメント

じろさん

新聞で訃報を見ました。

ゲイリームーア氏は大学生の頃に、結構聴いてました。
クラプトン、ジェフベック、ヴァンヘイレン、ジミーペイジなど名だたるギタリストはおりますが、北アイルランドの土地が思い浮かぶような悲しいブルース調の旋律が心に残って一番好きなギタリストでした。

社会人になり、R&B、ボサノバ、ハワイアンなどリラックスできるような曲のほうが好きになり聴かなくなってました。

懐かしさとともに、青春の一幕がよみがえったようです。

合掌

投稿: 海光 | 2011年2月 9日 (水) 18時26分

へぇ~!海光さん、Gary Mooreを聞いてたなんて初耳だ。

本当に残念な知らせでしたね。

改めてRIP

投稿: じろ | 2011年2月 9日 (水) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SPEECHLESS | トップページ | 地震 »