« Blind Willie McTell | トップページ | 八ヶ岳 »

2010年4月28日 (水)

ハムとカレーと私たち

以前の記事「ハムとカレーと私」で書いた不思議なご縁。つづきがありました。

4月の末渋谷東急東横店で沖縄物産展があることを、毎年シーサーカレンダーを買っている沖縄のお店のメルマガで知りました。東急東横店のサイトを見てみると、この記事のハム屋さん「十五番地」が出展するとのこと。家族揃って普段は絶対に行かない週末の渋谷なんぞに行ってみました。

Photo_4

大混雑の中、店主さんと東京での再会。接客の合間をぬって少しお話させていただいたり、ソーセージをおまけしていただいたり、沖縄、石垣島の食材を買い込んだり、楽しい週末でした。

2日後、かみさんはその日買えなかったものなどあり、また東急へ足を運びました。週末に比べお客さんも少ないので、いろいろと話せたようです。

その時に店主さんから出た話。

「Y's Cafeさんに行こうと思ってたんだけど、今回は無理そうです。」と。仕事が終わるのは10時過ぎだし、場所も分からないのでその時間からお店を捜すのは東京での土地勘が全然ないので無理と判断されていたようです。

そういうことならと、かみさんと私でこの店主さんをY's Cafeさんにお連れしようか、と言う話になりました。

物産展の最終日は17時終わりとのこと。私もその日は仕事も早く終われそう。どうにかこうにか店主さんに連絡が取れ、3人でY's Cafeさんへ。

突然の石垣島からの客人にY's Cafeさんも大変驚かれておりました。Y's Cafeさんのご主人、奥様を交えて石垣島のいろんな話に花がさきました。Y's Cafeさんは年に数回ダイビングで石垣島を訪れていらっしゃていて、もう25年も通われているそうです。それとちょうどこの日の1週間後にY's Cafeさんは石垣島へ行かれる予定とのこと。

十五番地の店主さんとY's Cafeさん、島での再会を約束しお開きとなりました。

妙なご縁が取り持つ楽しい時間でした。

後日石垣島を訪れたY's Cafeさん、十五番地のご主人とご一緒に飲んだそうです。めでたしめでたし。

|

« Blind Willie McTell | トップページ | 八ヶ岳 »

石垣島」カテゴリの記事

コメント

素敵な話ですな。

じろさんの行動力が、良いご縁を運び、素敵な出会いの連鎖が始まる。

世の中、そうして生きられたらどんなに愉快なことだろう。

ひととひとのつながり。

それを判って、行動しているじろさんは、格好いい大人です。

友人から見ても、じろさんは歳を増すごとに魅力的でいい味の人間になっているようです。

本来、ネットやケータイが、人間の仕事をどんどん奪っている社会に、否定的な私ですが、こうしてじろさんのブログで、いままで見られなかった友人の一面を知ることができるのはよいことだと思ってます。

沖縄にも行ってみたいですな。

本当は、直接会って話して知ることのほうが大切なのでしょうけど。

じろさんとの出会いに感謝します。

投稿: 哲路 | 2010年5月21日 (金) 16時11分

>哲路さま

あはは、そんなに褒められても(汗)


あまりたいした考えも無く、何となく動いているだけなのです。それがいろんな「ご縁」につながっている感じです。自分が動くことによって向こうから「ご縁」がやって来る、と言った方がよいかな。

その「ご縁」も長く続くかどうかは自分の動き次第だなぁ、と最近良く思っております。


君との「ご縁」も全くの偶然だったけど、その後が長いねぇ。

投稿: じろ | 2010年5月24日 (月) 16時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Blind Willie McTell | トップページ | 八ヶ岳 »