« All you need is love | トップページ | ハムとカレーと私たち »

2010年4月27日 (火)

Blind Willie McTell

Bob Dylanの話の続きです。

やはり、こんなものを入手してしまいました。僕が観に行った3月24日分と「Forever Young」をやった最終日3月29日分。(今回の来日公演は全て出ていたました。オーディエンス録音にも関わらず、かなりちゃんと聴ける代物です。)

Photo

改めて聴きなおしてみる。当日、数多くはないが耳慣れた曲はだいたい直ぐに分かっていた。曲名が分からなくても、「あのアルバムに入ってたやつ」というぐらいは思い出していた。

当日聞きながら、一曲よく耳慣れた曲なんだけど、どうも思い出せない曲があった。24日分を聴きながらその曲になって、また改めて思い出した。「Blind Willie McTell」という曲名だったがどのアルバムに入っているか分からない。

セットリストや曲情報等充実のBob Dylan.comで調べてみると、この曲オリジナルアルバムには入っていない。

「あれ?何でこの曲を知っているんだろう?」

Bob Dylan.com情報によると、このアルバムには入っている。『The Bootleg Series, Vols. 1-3 : Rare And Unreleased, 1961-1991』

Photo_2

ただこのアルバム以前に勢いだけで買ってしまってほとんど聴いていない。とくにこの曲は3枚目に収録されているのでこのアルバムでは聴いていないはず。

このアルバムのVersionで改めて聴きなおしてみる。このVersionは聴いたことがない。何かのライブ映像で観たのか?他に何か...?

「あっ!『Jellico』だ!」と。あわててThe Bandの『Jellico』というアルバムを取り出してみる

Photo_3

やはりこの曲が入っている。Bob Dylanの名前もクレジットされている。The Bandがこの『Jellico』というアルバムの中でBob Dylanの「Blind Willie McTell」をカバーしそれが僕の耳に残っていたのでした。

これがBob Dylanのカバー曲だったということも「Blind Willie McTell」がブルースシンガーの名前だということも、ここで始めて知ることとなったのでした。何だかいろんな事が結びついて嬉しいやら、知識の軽薄さに恥ずかしいやらな感じです。

|

« All you need is love | トップページ | ハムとカレーと私たち »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« All you need is love | トップページ | ハムとカレーと私たち »