« 役者 | トップページ | オリビアを聞けそうだ »

2010年1月29日 (金)

VIEW

VIEWというバンドのライブを見てきた。

2010年1月25日(月)Crocodile(渋谷)
<VIEW>:
石間秀機(シターラ)
遠藤敬三(ベース)
石川雅春(ドラム)
長池秀明(キーボード)

この<VIEW>というバンド、あの石間秀機さん率いる超絶インストバンド(「超絶」と言ってもバカテク系ではありません)。石間さんが「景色」と呼んでいる、曲のタイトルからインスパイアされる、人が生きていくうえでの様々状況や感情、心の内面や生きるべき道、等々のテーマをインスト楽曲として「音」で表現をしている。

一見、フリーにジャムっているかのようなアプローチから、4つの「音」が組み合わされた時に最大限の効果が発揮されるように綿密に計算されたアレンジで表出される楽曲は、ロックとかジャズとか既成のジャンルでくくる事の出来ない、またそのなことをする意味を全く感じさせない<VIEW>の独自な表現としてライブ演奏の中で具現化されている。

時には肉体を直感的に刺激する、スリリングでハイテンションな4つの「音」のぶつかり合い、時には心の奥底に響く美しいメロディ。4人の稀有なミュージシャンによって次から次へと繰り出されていく「音」は聞く者にひとつの「景色」を見せつける。いや視覚的に見えるというよりは、自分自身がその「景色」の中に入り込んでしまうような感じ。映画を見ている間に、自分がスクリーンの中に入り込んで、その物語の一部になってしまうような、そんな感じだ。

<VIEW>の音源はないようなので、ぜひライブで体感していただきたい。次回のライブは3月21日、同じくクロコダイルで行われる予定だそうです。

僕は高校時代からずっと石間さんのギターを聴き続けている。30年ぐらいずっと大ファンだ。今もこうやってステージに立ち続けてくれている。新しい音楽を届けてくれる。なんて幸せなことだろう。Flower Travelling Bandの活動再開も、ものすごい嬉しいことだけど、この<VIEW>の音楽をライブで聴けることは僕にとってはまた違った大きな意味があるような気がする。

石間さん、どうもありがとうございます。

※石間秀機さんご本人の話やシターラの話など、書きたいことは山ほどあるのですが、それは別の機会にちゃんと書きたいと思います。今日は、<VIEW>最高!のお話でした。

|

« 役者 | トップページ | オリビアを聞けそうだ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 役者 | トップページ | オリビアを聞けそうだ »