« 二年越しのulma | トップページ | RIP Mr Les Paul »

2009年7月31日 (金)

明日につながる音たち

最近見た二つのライブの話。

両方ともに僕の大好きなミュージシャンが所属しているバンド。全然タイプの違うこの二つのバンドのライブを見て、同じような印象を持ってライブ会場を後にしました。

二つのバンドのライブで共通に感じたのは、ここで奏でられている「今」の音の中に「未来」を予見する何かを感じること。この音はここで完了するのではなく、明日の新しい音に繋がっている、という期待を観客に抱かせる何かが音の中に込められている。

NOWHERE>と<吹ゞ>。

NOWHERE
元Shady Dollsの塚本晃率いるこのバンドにKey:信夫正彦が加入。もともと大好きだったこの3ピース・バンドにKeyとして信夫正彦が入るとどんな風に変わるんだろう、と期待はかなり高まっていました。

でも<NOWHERE>は何も変わっていなかった。何も変わらないまま一歩向こうへ進んでいた。一緒に新加入したベースの安藤さんを含め、最初っからこの4人でこの音を出していたのではないかと思うぐらいの「今」の音だった。とにかく、かっこ良かった!

長らくソロで活動していた信夫正彦が久しぶりに「バンドマン」に見えて嬉しかった。

吹ゞ
サックスプレイヤー安田将人のリーダーバンドである<吹ゞ>。サックス、ベース、ドラムの3人組、ノンジャンル・インスト・バンドです。僕の大好きなベーシスト若山隆行が参加しています。

このバンド、3人の強力な音がぶつかり合って様々な心象風景を創り上げていきます。そしてライブを見る度に表情の違う音が飛び出してくるのです。

今回のライブでは、何かまたひとつ変わった感じがしました。3人の音のせめぎ合いがさらに高度になっていく感じでした。これからこれがもっと進歩していくんだろうなぁ、と感ぜずにいられません。

「First Light」と言う曲で、若山隆行が本当に気持ち良さそうにベースを弾いている姿を見て、嬉しくて涙が出そうになった。

石垣島からの投稿でした。

|

« 二年越しのulma | トップページ | RIP Mr Les Paul »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518310/30765731

この記事へのトラックバック一覧です: 明日につながる音たち:

« 二年越しのulma | トップページ | RIP Mr Les Paul »