« ギターは顔で弾け その2 | トップページ | うまくいくように祈っているよ »

2008年11月29日 (土)

本屋さん

近所に昔ながらの町の本屋さんがある。思わず「さん」づけをしたくなるような小さな書店だ。

店の入り口脇にはタバコのカウンター、店頭にはガチャガチャとゲームが数台置いてある。本棚は短いものが5列、店では文房具も取り扱っている。本の品揃えも悪く、ここで何か見つけようとは決して思わない。いまだに「窓ぎわのトットちゃん」が10冊以上平積みされているくらいだ。

でも好きなお店だ。

なるべく本はこの店で買おうとしている。Amazonなどでポチっとクリックするだけで翌日には自宅に本が届く便利すぎるこの世の中で、本を注文すると「十日ほどかかりますがよろしいですか?」というのんびりさが良い。

今日もすぐに手に入れたいな、という気持ちをぐっと抑え、これを注文した。十日間が待ち遠しい。

「彼女について」 よしもとばなな(著)

「星野道夫 永遠のまなざし」小坂 洋右(著)、大山 卓悠(著)

|

« ギターは顔で弾け その2 | トップページ | うまくいくように祈っているよ »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518310/25748858

この記事へのトラックバック一覧です: 本屋さん:

« ギターは顔で弾け その2 | トップページ | うまくいくように祈っているよ »