« Song In My Heart | トップページ | ブログ »

2008年10月26日 (日)

御礼と<John G. Rose> その1

ライブから1週間が経ちました。前回の記事はライブ前に書いたのでこれがライブ後の最初の記事です。

みなさまご来場いただき誠にありがとうございました。演奏に関してはミスも多くまだまだ課題はたくさんありますが楽しく演奏できたのでとてもよかったと思っています。特に最後の曲は本当に特別な感じでした。なんだか自分たちが一生懸命弾いているという感じではなく音の中をフワフワ浮きながら誰かに「弾かされている」感じで、とても心地良く、楽しくそして幸せな感じで演奏していました。これは他のメンバーも同じように感じていたようです。

<John G. Rose>の紹介などを少し。

我がバンド<John G. Rose>、今年で結成10年目。細々ながら継続的に活動を続ける事が出来ている。こんなに長く続けられるのは大変ありがたいことであり、一緒にやってくれている他のメンバーに感謝しています。

メンバーは3人。Dr, B, Gの3ピースであるが専任のBとVoがいない。ギター弾きの2人(私とJonathan)が交代でベースを担当している。基本ルールは<ギターを弾く人が歌う>としており、演奏する曲によってギターとベースを二人で交代して弾いています。最初のころはコピー曲をやっていたが、ここ3年くらいはオリジナルをやっています。

オリジナルを始めてから、ますます面白くなってきたのが実感です。

つづく

|

« Song In My Heart | トップページ | ブログ »

John G. Rose」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518310/9817972

この記事へのトラックバック一覧です: 御礼と<John G. Rose> その1:

« Song In My Heart | トップページ | ブログ »